気象データ活用コンサルティング

現在地

サービス概要

気象データを自社の付加価値として使いたい。気象データを活用して業務効率化を行いたい。そのようなご要望にお答えするため、気象情報を分かりやすく読み解く気象予報士や、データの扱いに慣れた気象データエバンジェリストが力になります。
これまでの気象情報API提供や、アイデアソン・ハッカソン等のイベントで生の声を聞いてきた経験を活かし、お客様と一緒になってアイデア出しをする所から始めます。コチラよりお気軽にご相談ください。

 

例えば、こんなお問い合わせが増えています

  • 自社で大量のデータを持っているが、活用方法に悩んでいる。気象データとの関連もあると思うので、気象の専門家の知見も入れながら分析してみたい。
  • センサーで観測しているデータを外向けにも提供していきたいが、どのような形式で提供していくのが良いか分からない。

など

 

お問い合わせ・ご相談

お問い合わせ・ご相談は、以下のフォームよりお願いいたします。